おおの小児矯正歯科

診療案内|下関市観音崎町の矯正歯科|おおの小児矯正歯科

ご予約・お問い合わせ 083-234-8181

〒750-0012 山口県下関市観音崎町11-8

診療案内

小児歯科

お子さまがお口を健康に保つためには、歯科医院を嫌いにさせないことが大切です。そのため、当院では、歯科医院は「恐くない場所」であるとお子さまに思っていただけるように、心に寄り添い、指導・支援・治療を進めています。

もっと見る

小さなお子さまの虫歯治療では、虫歯の重症度とお子さまの成長段階に応じた2つのコースをご用意しております。虫歯の進行を抑え、歯科医院に馴れながら進める「かめコース」と、虫歯が重症化していて治療が必要な「うさぎコース」の2つです。

「かめコース」はお子さまの心を大切にするために、歯を削らず可能な限り薬物で虫歯の進行を抑える処置を行います。進行させないために定期的に受診していただき、歯科医院に慣れてから虫歯の治療を行います。「うさぎコース」の場合は、お子さまのお口の健康を重視し、できる限り心に配慮しながらも、迅速に治療を進めます。

治療を行うまでの過程は違いますが、どちらもお子さまの心を大切に、成長後もお子さまが楽しく歯科医院に通えるよう将来を見据えた治療を提供します。

子どもの矯正

歯並びが悪くなる原因は、生まれ持ったものだけでなく、悪習癖や口の周りの筋肉の不調和などが関係していることもあります。そのため、成長期の子どものうちに、歯並びを悪くしている原因を発見し対応できれば、歯並びの改善もしやすくなります。

もっと見る

お子さまの矯正治療には、それぞれの症例によって治療を始めるのに適した時期があります。いわゆる「受け口」である反対咬合の場合、お子さまの骨格の成長が歯並びの悪さを助長しないよう、早期から矯正を開始します。

早期に治療を開始することで、抜歯などの外科的処置をせずに治療が行えることもあります。乳歯の段階から治療を行えれば、顎骨の成長をコントロールすることができるので、Ⅱ期治療に移行する際もきれいに歯を並べやすくなります。どの時期から治療を行うのが適しているのか、患者さまのお口の中をしっかり診査・診断した上で、治療計画を立てていきます。

大人の矯正

成人の方の矯正治療に年齢制限はありません。口内環境が良好であれば、成人になってからでも矯正治療を受けることは可能です。ただし小児矯正と違い、顎骨の成長をコントロールすることができないため、矯正治療に制限が加わることもあります。まずは一度ご相談ください。

障がいがある方の歯科診療

患者さまの障がいの種類や程度によって、歯科治療に協力を得られない場合もあります。そのため、障がいをお持ちの方の歯科医療は、治療の必要がないように「予防」に重点を置いています。患者さまご自身でのセルフケアが難しい場合でも、定期的に来院され予防処置を受けることで、むし歯や歯周病のリスクを軽減できます。

もっと見る

当院は「歯だけみるのではなく、ヒトをみよう、患者さまやご家族の生き方、生活を大切にしよう、患者さまの障がいや個性にあわせよう」をコンセプトに障がいをお持ちの方の治療を行っています。そのために患者さまだけでなく、患者さまを支えるご家族の方とのコミュニケーションを大切に、予防、指導、支援そして治療を行います。

障がいの中でもダウン症候群の方は、一般的に治療のためのトレーニングは比較的容易です。ご家族の協力のもと、患者さまのストレスが少なく、負担をかけない治療計画を立案します。ダウン症の方は歯周病になりやすい歯科的特徴を多く持つため、若年層から歯周病の発症率が高い傾向にあります。早い段階から予防を始めることで、治療の必要がない健康なお口を目指しましょう。

一般歯科

当院はお子さまの健やかな口内環境を守るために、お子さまにのみ指導・支援・管理をするのではなく、そのお子さまの親御さまも一緒に支援しています。お子さまと生活を共にするお母さま、お父さまも一緒に支援することが、お子さまのお口の健康にもつながります。

もっと見る

親御さま世代の方が多く罹患しているのが「歯周病」です。歯周病は、歯肉が炎症を起こし、歯を支えている骨が溶けていく病気です。歯周病を予防するためには、歯周病原菌を活動させないことが大切であり、そのためにセルフケアや歯科医院でのケア、生活習慣の改善や全身疾患のコントロールなど、お口の中だけにとどまらずトータルでの治療・管理が必要です。

当院では患者さまごとに歯周病リスク判定を行い、科学的な診査・診断からお一人おひとりに適した予防プログラムを作成します。歯周病は自覚症状なく進行する恐ろしい病気です。ぜひお子さまの歯科治療とともに、親御さまも定期的に検診を行いましょう。

妊娠中の方の歯科診療

妊娠中は体の変化と共にお口の中も変化してきます。歯茎が腫れたり、痛みを感じたり、口内炎ができたりと、いろいろなお口トラブルを抱えている方も多いのではないでしょうか。ホルモンバランスの変化で歯周病やむし歯が悪化しやすい時期です。また、歯周病は早産や低体重児出産の原因の一つだと考えられています。

もっと見る

お子さまの健康なお口を作るためには、お腹の中にいる時期から親御さまの口内環境を整えることが大切です。そこで当院ではお子さまのお口の健康の第一歩として「おとな歯科」を行っています。

生まれたばかりの赤ちゃんの口内に、虫歯菌は存在していません。虫歯のリスクを軽減する環境作りの一つとして、親御さまのお口の中を清潔に保ち、虫歯菌や歯周病菌を減少させておくことが大切なのです。妊婦の方も生まれてくるお子さまのために、定期的な口腔内ケアを受けましょう。

レーザー治療

当院ではレーザー治療も行っています。むし歯予防や初期むし歯治療、歯周病治療など、さまざまな種類の治療に使用できます。ほとんど痛みをともなうことなく治療を受けられることが、レーザー治療のメリットです。また、乳幼児の舌小帯手術なども行うことが可能です。口内炎や知覚過敏などにも使用できますので、ご関心やご質問がある方はお気軽にご相談ください。

顎関節症

顎関節症はさまざまな原因が複雑に絡み合って引き起こされる、多因子性の機能障害です。原因は患者さまによって異なります。顎の関節や筋肉の痛み、顎が鳴る、口が開けづらいなどの症状があります。当院では、患者さまの発症要因に合わせて治療を進めることを大事にしています。